メニュー 閉じる

24の瞳

Home フォーラム 掲示板 24の瞳

  • このトピックには5件の返信、1人の参加者があり、最後にみんあにより4ヶ月前に更新されました。
5件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #43365 返信
      蝶々
      ゲスト

      泣けた(´;ω;`)

    • #43366 返信
      みんあ
      参加者

      蝶々さんこんばんは

      二十四の瞳、観たかったんですけど、さっきテレビつけたところで、ちょうど見逃しちゃって・・・
      良ければ、物語全体のあらすじだけでも教えていただけないですか?

    • #43367 返信
      蝶々
      ゲスト

      はい!大丈夫ですよ(*^^*)
      そうですね、うまく説明できてないと思うんですけど、主人公の大石先生と、12人の生徒たちの日常がドラマとして表現されていました(ドラマというより、映画かな。。)
      話の内容は重く、最初は幸せな日常生活が表現されていて、先生とクラスメイト12人の子たちは仲良く平和の生活を送っていました。。しかし、クラスメイトの中の1人小学生6年生になった女の子は大阪にむりやり親の仕事の手伝いとして、学校を、辞めることになり、クラスメイトたちみんなと、楽しい就学旅行にもいけず、思い出も作れなかったりなど悲しいシーンもありました。その頃の子たちには幸せというのがなくらほとんどの子達は仕事や戦争といった、今ではもうありませんが、時代の流れとして、厳しい人生を歩まなくてはいけない、切なく悲しく、泣いても泣いても、悲しみは続く、残酷で、沢山の生徒たちが一人ひとり亡くなったり、主人公の旦那は戦死、3人の子供の中で末っ子の娘は食べ物を探すため、柿の木の上に登り、落下して死亡。。
      肺炎で亡くなった生徒、戦争で亡くなった生徒。。
      とにかく、先生の大好きだった人達がたくさん目の前で消えていく物語でしたね。。
      本当に大石先生は優しく、クラスの子たちを考えてくれてて、クラスの子たち全員に愛されてる。。まるでお母さんのような存在でした。。
      たくさんの犠牲があっても、先生と過ごした生徒たちの思いはたとえ、死んでも心に残っている。。
      素敵で切ない物語でした。。
      一番私の好きなシーンはうどんをクラスの子たちと全員で、先生の家で先生と一緒に食べるシーンですね。。
      すみませんうまく説明できてなくて、ですが本当に泣けるお話でした(´;ω;`)

    • #43368 返信
      蝶々
      ゲスト

    • #43369 返信
      蝶々
      ゲスト

      あれ、テレビのと違う。。

    • #43386 返信
      みんあ
      参加者

      蝶々さんありがとうございます

      いいお話ですね・・・あらすじだけでも、感動してしまいました

      やっぱり、8月前半はこういう戦争関連の話題が多くなりますね
      希死念慮と関係なく大切ですし、忘れずに、過ごしていきたいですね

5件の返信スレッドを表示中
返信先: 24の瞳
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">